純然たる蛇足的参考資料                 

 

 

 

 

 

管理人はある不思議な成り行き(ラマナ= アルナーチャラの恩寵です)でラマナアシュラムでの長期滞在を体験することになりまして、その「信奉者としての」生活体験のなかで得られました様々な情報をホームページとして公開することはラマナ・マハルシに関心のある方々への何かしらの「契機」となりうるのではないかと考え、あくまでも私の大いなるお節介?でラマナ・アシュラムについて私が知りうる限りの実際的・具体的情報を訪問・滞在を希望する方へ提供いたしたいと思います。

 

 

 

 

アルナ―チャラ滞在日記はこちら→

 

 

 

エッセイ「余はいかにしてラマナ信奉者となりしか?」はこちら→

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人プロフィール

 

 

 

シリウス・マハナンダ  本名 鈴木尚志(すずきひさし) ・・・次回のアルナーチャラ訪問・滞在は現状未定(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ashrammate of Sri.Ramanasramam  Tiruvannamalai South India ,

Member of Yogant Foundation Rishikesh North India,

Dr.Kataria's School of Laugheter Yogaの公認ラフターヨガ・リーダー

    

 

1961年生まれ。浜松市出身の「自由なヨーギ&自覚的フリー神道イスト」

 

 

 

 

 

 

 

 

高校卒業後、海上自衛隊入隊、潜水艦乗務員生活を体験した。退隊後現在にいたるまで「自由であること」を最優先した生き方を試みている。舞台俳優(セミプロ)の経験もある。90年以降はアジア各地を遊歴。

 

中国上海では沈怡倫老師(上海市太極拳協会公認指導員)に師事し、陳式太極拳の基本を学ぶ。
インド・リシケシではSwami Balyogi Premvarni 師(たま出版「魂の科学・実践編」、アーサナのモデルの一人)に師事し、ヨーガを学び指導能力証明を受ける。

 

97年からは故・柳田 侃先生(日本ラマナ協会会長・甲南大学名誉教授)の御尽力により、ラマナ・アシュラムに例外的長期滞在を許され、聖アルナーチャラ山の恩寵の基に暮らしていた(通約4年強)。

 

その他タイやバリでも長期滞在生活をしていたが、2009年秋以降、ご縁があり埼玉県鴻巣市に居住中。

 

 

 

2008年以降 世界を巡るパフォーマンス集団 TAICHIーKIKAKU のサブ・パフォーマーのメンバーとして、東京芸術劇場、世田谷シアータートラム、座・高円寺2での身体詩劇作品公演に出演、2013年8月福島南相馬公演、2014年5月 韓国・春川国際演劇祭招聘公演にも出演した。現在は俳優活動から引退。

 

 

 2010年4月 ラフターヨガ公認リーダーとなる。三鷹台ラフターヨガクラブ 共同主宰。

 

 

 

自慢は真冬でも素足に草履、この40年間に医者にかかったのは3回のみ、05年6月暴漢に襲撃され「あわや失血死」の重傷を負うが、驚異的身体回復力&精神力で僅か9日間で退院した(爆)・・・と同時に信奉者としての「大死一番での確信」を得る。

 


現在も聖アルナーチャラ山のお導きにより、毎年南インドを訪れラマナ・アシュラムに滞在し「食って寝て歩く」アシュラム生活を送る傍ら、「アルナーチャラの宣伝屋」の自覚のもとに独自に活動している。

 

 

 

キャッチフレーズは「お気楽脳天気、ただ在るだけの至福」、渾名は「天下無敵の晴れ男」「大日本お気楽脳天気教?教祖」など(笑)。 女優浅田美代子さんのアイドル時代の「美代ちゃん」の熱烈なファン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ「お気楽脳天気な長広舌」はこちら→

 

 

 

 

  

 

 

Facebook & Mixi 参加しています、こちらでもラマナ関連情報を積極的に発信中!

 

(友達&マイミク申請はメッセージを添えて下さい) 

 

 

 Facebook   Mixi 

 

 

 

 

 

アルナーチャラ・ラマナアシュラム訪問・滞在にあたり、「個人手配旅行」のガイダンスのコンサルタントも実施しております。→

 

上記コンサルタントの一環として、御要望があれば「出張ラマナ・ミーティング」も実施しております→

 

 

 

 

パパジ「真理のみ」邦訳ウェブ版を委託管理しています→

                               

 

 

 

 

 

各種お問い合わせなどはこちらからどうぞ→   

 

 

近日中にご連絡いたしますのでお待ち下さい。「迷惑メール」フォルダに入れられてしまうケースもありますので、数日経過しても返信がない場合は「迷惑フォルダ」の方も念のためご確認願います。